ニュース

セントレア、2019年供用予定のLCC向け新ターミナルビル、概要発表

駐車場から徒歩2分、現ターミナルから徒歩4分。複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS」と直結

2017年3月31日 発表

2019年度上期 供用

セントレア(中部国際空港)が2019年度上期から供用予定のLCC向け新ターミナルビル

 セントレア(中部国際空港)は3月31日、2019年度上期供用予定のLCC向け新ターミナルビルの概要について発表した。

 新ターミナルビルは現行のターミナルビルの西側に、2階建て2棟構成で建築。合計10スポットを備える予定だという。現ターミナルビルと新ターミナルビルの距離は300mで、徒歩で約4分とのこと。

セントレアのLCC向け新ターミナルビル

供用時期:2019年度上期
年間旅客取扱数:450万人(国際線300万人、国内線150万人)
延床面積:約4万m2
構造:2階建て2棟構成(チェックイン棟、コンコース棟)
スポット数:合計10スポット

新ターミナルビルを南東側から北西方面に見た新ターミナルビルのイメージ
北東側から南西方面に見た新ターミナルビルのイメージ

 新ターミナルビルは2016年3月に整備計画が発表されていたもので、「利便性と機能性の追求」「拡張性の確保」「新たな賑わいの創出」をコンセプトに計画を進め、施設の規模や配置がおおむね固まったことで、今回の発表となった。

 新ターミナルビルは立体駐車場に直結、バス乗降場をターミナルビル前面に確保。チェックインから搭乗ゲートまで階層移動のない、分かりやすい導線としている。大型機にも対応可能なマルチスポット、将来に備えたエプロン用地の確保、コンコース棟延伸による固定スポットの増設など、十分な拡張性を備えているという。また、複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS」と直結し、旅の出発地・目的地として、多様な楽しみ方を提供していく。

施設の配置図
「利便性と機能性の追求」「拡張性の確保」「新たな賑わいの創出」をコンセプトに計画を進めているという