ニュース

“オール栃木”で観光素材発掘&磨き上げに取り組む栃木県を特集、「Tastes of JAPAN by ANA TOCHIGI」記者発表会

2017年5月25日 実施

栃木県の地域PR「Tastes of JAPAN by ANA TOCHIGI」が6月スタート

 ANA(全日本空輸)は、日本各地の地方の魅力を国内外に発信するプロジェクト「Tastes of JAPAN by ANA」の第16弾として、2017年6月~8月の3カ月間、徳島県、千葉県、栃木県を特集する。5月25日には、栃木県との取り組みとなる「Tastes of JAPAN by ANA TOCHIGI」についての記者発表会を、宇都宮市内で実施。ANA代表取締役社長 平子裕志氏や栃木県知事 福田富一氏が臨席し、期待の言葉を述べた。

 Tastes of JAPAN by ANAは2013年9月にスタートした地域発信プロジェクト。3カ月のサイクルで3県ずつを取り上げ、47都道府県すべてを紹介するというもの。第16弾で44都道府県となった。

記者発表会の会場となった栃木県公館
全日本空輸株式会社 代表取締役社長 平子裕志氏

 発表会で挨拶したANA代表取締役社長の平子裕志氏は「栃木県は食、文化、自然、観光など素材が豊か、日本を代表する世界遺産である日光東照宮は徳川家康公を祭神に迎えて400年。国宝の陽明門は修理工事を3月10日に竣工した節目の年」と栃木県のいまを紹介し、Tastes of JAPAN by ANA TOCHIGIで情報発信していくことを説明。「魅力あふれる栃木県を県の皆さまと一体となり国内外の皆さまに伝えたい」と話した。

 また、自身の栃木県にまつわるエピソードを尋ねると、「日光東照宮に行って、特に陽明門を見て感激した。そのときに日光江戸村にも行った。かなり日が経ったが改めて栃木県の地を踏んで、このような私どものイベントを披露させていただく機会を得て光栄に思う。自然もあり、文化遺産もあり、それから食。たまたま昨日、夜食が今牧場(那須高原)のチーズを頂戴して、非常に美味しかった。ご縁ができたことは喜ばしいこと。ますますこちらの地に足を運びたい」と答えた。

栃木県知事 福田富一氏

 続いて挨拶した栃木県知事の福田富一氏は、「国内最大規模の観光キャンペーンであるデスティネーションキャンペーンの2018年春(4月1日~6月30日)の開催に向けて、各地の魅力の掘り起こしと磨き上げをオール栃木で取り組んでいる」と現在の取り組みを話したのに続き、「こうしたなか6月から8月まで、航空機内やラウンジで栃木県の食材を活かしたサービスを提供いただくとともに、機内放映番組における特集プログラムなどをとおして、国内外に栃木県の魅力を発信してもらえることは、栃木の本物の魅力を多くの方に知っていただく絶好の機会であり、栃木県にとってはまさに追い風」とTastes of JAPAN by ANA TOCHIGIの実施に喜びを示した。

 また、「この魅力あるイベントを契機として、今後ともデスティネーションキャンペーンはもとより、2020年の東京オリンピック・パラリンピック、その先の栃木県での国体開催を見据えながら、栃木県を訪れるお客さまに心から満足していただき、再び栃木を訪れてもらえるよう、選ばれる栃木を目指していく」と、将来につながることにも期待した。

全日本空輸株式会社 上席執行役員 菅谷とも子氏

 閉会にあたって挨拶したANA上席執行役員の菅谷とも子氏は、「47都道府県には就航していない県もあるが、そうした県とも一緒に仕事をさせていただくことで、たくさんの宝物を発見できた。今回の栃木県も改めて勉強させていただき、首都圏にありながら、これだけ素晴らしい観光と文化と食があるということを感じられた」と話し、後述するような機内放映プログラムや食の情報発信についてコメント。

 ラウンジで提供するスイーツについて、「パフェは名前が『北関東 栃木』という直球すぎるところはあるが(笑)、それも印象に残ってよいかと。決め手は餃子の皮を使うところ」と紹介したほか、「國酒」として提供する日本酒についても「外国人の方にはラベルもきれいな日本酒が好まれ、人気のお酒は朝の9時にはなくなるほど好評。和食とともに日本の國酒を宣伝できるのはうれしい」と話した。

 そして、「2020年の東京オリンピック・パラリンピックがある。それに際して、日本という国が外国の方から注目を浴びてくる。私どもはこれをチャンスに、ますます利便性の高い路線の運航にチャレンジしていくとともに、地域の皆さんとの発展を目指していきたい」との意欲を示して発表会を締めた。

記者発表会に列席した関係者。前列左より公益社団法人 栃木県観光物産協会 会長 新井俊一氏、栃木県知事 福田富一氏、全日本空輸株式会社 代表取締役社長 平子裕志氏、栃木県酒造組合 会長 菊地正幸氏。後列左より、とちぎおもてなしメイツ 鎗田景子氏、全日本空輸株式会社 上席執行役員 菅谷とも子氏、とちぎおもてなしメイツ 日ヶ久保真依氏、ANA CA(客室乗務員)。左は栃木県マスコットキャラクターのとちまるくん

Tastes of JAPAN by ANA TOCHIGIの取り組み

Tastes of JAPAN by ANA TOCHIGIの取り組み
取り組み内容を紹介した全日本空輸株式会社 東京本店の綿貫杏弓氏

ラウンジ提供メニュー

 深夜便出発旅客を対象に、注文を受けてから調理するレストラン形式のラウンジ「DINING h」などで、栃木県産の食材を使った料理やスイーツを提供する。

栃木県産牛ロースのステーキ

 栃木県産牛ロースを利用者の好みに焼き、浜御塩とすだちをふんだんに使ったぽん酢ソースとともに好みの味付けで。

提供ラウンジ:羽田空港国際線 ANA SUITE LOUNGE DINING h
提供期間:2017年6月1日~30日

栃木県産牛ロースのステーキ(写真提供:ANA)
栃木県産牛ばら肉の干瓢柔らか煮

 栃木県産牛ばら肉にかんぴょうを巻き付けじっくりと煮込み、牛肉の旨味をたっぷりと含んだかんぴょうの味わいを楽しめる。

提供ラウンジ:羽田空港国際線 ANA SUITE LOUNGE DINING h
提供期間:2017年7月1日~31日

栃木県産牛ばら肉の干瓢柔らか煮
ANAオリジナルパフェ 北関東 栃木

 那須高原特選牛乳のミルクアイスと関東栃木レモン牛乳をシャーベットにした。パウンドケーキ生地には「とちおとめ」を混ぜて焼き、トッピングには餃子の皮をオーブンで焼いたものを添えている。

提供ラウンジ:羽田空港国際線 ANA SUITE LOUNGE DINING h
提供期間:2017年6月1日~30日

ANAオリジナルパフェ 北関東 栃木
ぜいたく新里ねぎのドレッシング 醤油&バルサミコ酢

 バルサミコ酢のコクが効いた“こっくり”とした味わいで、ねぎ、醤油、バルサミコ酢の相性のよさを感じられるドレッシング。

提供ラウンジ:羽田空港・成田空港国際線 ANA SUITE LOUNGE
提供期間:2017年6月1日~8月31日

ぜいたく新里ねぎのドレッシング 醤油&バルサミコ酢(写真提供:ANA)
同ドレッシングを販売する株式会社グルメコンガーズでは、新里ねぎを使った商品として「ソルト&シャンパンビネガー」(左)や、「にんじん&リンゴ酢」(右)もラインアップ
「栃木県産牛ばら肉の干瓢柔らか煮」と「ANAオリジナルパフェ 北関東 栃木」を列席者が試食。栃木県知事 福田氏はパフェについて「那須高原の台地で育った牛が美味しいミルクを出してくれて、それが日本一のいちご『とちおとめ』と一体になって口の中で爆発している」とコメント。ANA社長 平子氏は「かんぴょうにしっかりと牛肉の味が染み込んで大変美味しい。こんなに美味しいかんぴょうと牛肉のコラボレーションは初めて」とコメントした

ラウンジで「國酒」を提供

 羽田空港国内線のANA LOUNGE内に設けられた「國酒」特設コーナーで、栃木県産の12銘柄を提供。1カ月4銘柄ずつを3カ月に分けて提供する。

2017年6月、羽田空港 国内線 ANA LOUNGEで提供

・宇都宮酒造株式会社「四季桜 黄ぶな」
・西堀酒造株式会社「門外不出 純米吟醸 55」
・第一酒造株式会社「みがき竹皮」
・株式会社渡邊佐平商店「純米吟醸 日光譽」

2017年7月、羽田空港 国内線 ANA LOUNGEで提供

・株式会社外池酒造店「燦爛 純米吟醸」
・惣誉酒造株式会社「惣譽 純米吟醸五百万石」
・森戸酒造株式会社「十一正宗 特別純米酒」
・株式会社せんきん「モダン仙禽 無垢」

2017年8月、羽田空港 国内線 ANA LOUNGEで提供

・株式会社島崎酒造「山廃純米 熟露枯」
・池島酒造株式会社「純米 質素堅実」
・天鷹酒造株式会社「有機純米酒 天鷹」
・菊の里酒造株式会社「大那 純米吟醸 那須五百万石」

羽田空港国内線 ANA LOUNGEで6月に提供する國酒
羽田空港国内線 ANA LOUNGEで7月に提供する國酒
羽田空港国内線 ANA LOUNGEで8月に提供する國酒

機内食

炭火焼鮎の甘露煮

 炭火で一尾一尾ていねいに香ばしく焼き上げ、特製の出汁でじっくり煮込んだ甘露煮。

提供路線:欧米路線・シンガポール路線(日本発、一部路線を除く)
提供クラス:ファーストクラス
提供期間:2017年6月1日~8月31日

炭火焼鮎の甘露煮(写真提供:ANA)
宇都宮クラフトビール黒ビールで煮込んだ和牛のロールとその煮込みソース

 柔らかい和牛のロール仕立てを、すっきり感と香ばしいブラックモルトの香りが特徴の地ビール「宇都宮クラフトビール」をアクセントに効かせたデミグラスソースで煮込んだ。

提供路線:アメリカ・メキシコ路線(日本発、一部路線を除く)
提供クラス:ビジネスクラス
提供期間:2017年6月1日~8月31日

宇都宮クラフトビール黒ビールで煮込んだ和牛のロールとその煮込みソース
燻しとうふ

 平家伝統の地である日光市・湯西川地区で古くから“いろり”に吊して、いぶした豆腐。当時の味と今風の食感を大切にしながら再現した。提供路線の和食メニューに添えられる。

提供路線:ホノルル・ベトナム・ミャンマー・カンボジア路線(日本発)
提供クラス:ビジネスクラス
提供期間:2017年6月1日~8月31日

燻しとうふ
大開運

 栃木県産大麦と、小山市産はとむぎを使用し、半小豆餡で包んだ和菓子。販売元の蛸屋総本店は元禄11年(1698年)創業の老舗。

提供路線:大連・杭州路線(海外発)
提供クラス:ビジネスクラス
提供期間:2017年6月1日~8月31日

大開運

機内番組

 カメラを搭載したドローンで上空から撮影した栃木県の観光地や食の魅力を紹介するオリジナル機内番組「SKY EYE~空からのメッセージ~ 栃木編」を放映。全体ガイドはとちぎおもてなしメイツの日ヶ久保真依氏、ナレーションは女優の余貴美子氏が担当する。

 国際線全便で6月~8月の3カ月間、国内線では6月の奇数便で放映する(いずれも一部機材を除く)。

機内誌

 ANA機内誌「翼の王国」に掲載されている各地の美味しいものを紹介するコーナーで、6月号に足利市で古くから親しまれている「ポテト入りやきそば」を特集する。

通信販売

 ANAの公式ECサイト「A-Style」で、日本酒や餃子など栃木県の名産品を販売。6月には栃木特集を予定している。

・菊の里酒造株式会社「<大那>酒米飲み比べ純米吟醸セット」(5月31日販売開始)
・第一酒造株式会社「<開華>大吟醸&特別純米原酒2本セット」(販売中、以下同)
・有限会社釜屋「<釜屋>うなぎ蒲焼き」
・有限会社釜屋「<釜屋>うなむすび ギフト用」
・株式会社日昇堂「<日昇堂>日光ラスク10袋」
・有限会社さくら食品「<宇都宮餃子館>餃子セット」
・フタバ食品株式会社「宇都宮餃子とんきっき32個入り×2箱」
・株式会社永井園「いちごのカレー」

写真中央のCAは栃木県に縁があり、発表会では司会を務めた。写真左は機内放映プログラムのガイドを務めた、とちぎおもてなしメイツ 日ヶ久保真依氏、写真右は同じくとちぎおもてなしメイツ 鎗田景子氏