ニュース

祝・就航! ANAのエアバス A380「FLYING HONU」が成田を出発。「大きな飛行機がホノルルに。これをきっかけに環境保護を進めたい」と平子社長

2019年5月24日 就航

ANAが成田~ホノルル線にA380型機「FLYING HONU」を就航した

 ANA(全日本空輸)は5月24日、エアバス A380型機「FLYING HONU(フライング・ホヌ:空飛ぶウミガメ)」を、成田国際空港~ホノルル ダニエル・K・イノウエ国際空港線にNH184便として就航した。2016年1月の導入計画発表から約3年半を経て、ついにこの日を迎えた。

 ANAのエアバス A380型機は、ANAのハワイ路線で初めてファーストクラスを設定し、ファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミー73席が2階(アッパーデッキ)に、エコノミークラス383席を1階(メインデッキ)に配置する520席仕様の大型機。

 公募から決定したデザインのFLYING HONUは、機体全体でウミガメをイメージしたもので、後部には「ANA HAWAii」サービスの特設Webサイトのチャットボットである「ラニ(Lani)」と名付けらたANAブルーの亀も描かれ、そのかわいさから就航前から人気になっていた。

 FLYING HONUは、空を意味するANAブルーの1号機「ラニ(Lani)」、海を意味するエメラルドグリーンの2号機「カイ(Kai)」、太陽を意味するサンセットオレンジの3号機「カラ(Kala)」の3機となり、1号機に次いで順次導入される。弊誌では計画の発表から随時情報をお届けしており、機内サービスやダニエル・K・イノウエ国際空港に新設されたラウンジなどの最新の情報とともに、エアバス A380型機就航までのニュースをまとめているのでご覧いただきたい(関連記事「いよいよ明日就航。ANAのエアバス A380型機『FLYING HONU(空飛ぶウミガメ)』関連記事まとめ」)。

「大きな飛行機がホノルルにいくので環境保護の活動を進めたい」と平子社長

 就航記念セレモニー前に、新しい機内安全ビデオが上映され、そこに出演するラニ、カイ、カラの着ぐるみが登場して参加者との記念撮影を行なった。

 セレモニーが始まると、オープニングは「Heart&Soul」(Jody Kashimoto/Micha Ganiron)によるウクレレとギターのハワイアンミュージックのミニライブ。続いて、ハワイを象徴するフラダンスのパフォーマンスが行なわれた。

ラニ、カイ、カラが出演する機内安全ビデオと、ステージでの記念撮影の様子
会場内で配布されていたFLYING HONUのステッカー。ラニの画像やANA HAWAiiのロゴは、タトゥーシールのように身体に貼り付けるもの
ハワイアンミュージックのミニライブとフラダンスのパフォーマンス。この日のステージのために、わざわざハワイから来日した

 パフォーマンスが終わり、主催者代表あいさつに立ったANA 代表取締役社長 平子裕志氏は、「A380は世界一大きい旅客機です。どれだけ大きいかを紹介すると、左右ウイングの端から端まで80m、胴体の長さは全長73mです。尾翼の高さが24mですので、街のなかの8階建てのビルの高さと同じです。ご覧のように少し丸みを帯びた形をしておりますので、このHONUのデザインが本当に似合っていると世界中のお客さまから好評を得ております。

 このラニくんが長男坊ですが次男坊もおりまして、これがカイくん。エメラルドグリーンで笑った顔をしている2号機、これが先週の18日に日本に到着しました。このラニくんとカイくんで、週3便の運航をしてまいります。その後、7月1日からは週10便に増大いたします。この大きな飛行機がホノルルにいきますので、これをきっかけに環境保護の活動を進めてまいりたいと考えております」と語った。

あいさつに立った全日本空輸株式会社 代表取締役社長 平子裕志氏
FLYING HONUをデザインした増岡千啓氏もステージに

 来賓を代表して登壇した千葉県副知事の滝川伸輔氏は、「私もA380には乗りましたが、乗り心地は素晴らしいです。だけどそれだけではなく、ウミガメをモチーフにした素晴らしいラッピング。私はハワイは素人なものですが、これを見るとハワイの空へ早く飛びたい、ハワイの海で泳ぎたい、潜りたいと思います。

 ANAをはじめとした航空会社、市区町村、成田空港と連携して、成田の機能強化に取り組んでおります。新しいC滑走路、B滑走路の3500mへの延長は、周辺の皆さまのご理解をいただきながら取り組んでいきたいと思っております」とコメントした。

千葉県副知事の滝川伸輔氏は、A380型機の乗り心地とFLYING HONUのカラーリングをほめていた
主催者と来賓一同で鏡開き。左から、全日本空輸株式会社 執行役員 成田空港支店長 石田洋平氏、成田市観光協会 会長 滝澤尚二氏、国土交通省 東京航空局 成田空港事務所 成田国際空港長 石井靖男氏、全日本空輸株式会社 代表取締役社長 平子裕志氏、千葉県副知事 滝川伸輔氏、成田市長 小泉一成氏、成田国際空港株式会社 代表取締役社長・夏目誠氏

綾瀬はるかさんからのスペシャルビデオメッセージ

 主催者あいさつで平子社長が「機内に関しては、入った瞬間からハワイ、ホノルルを感じていただけるような工夫を随所に散りばめました。搭乗されると気が付くと思うのですが、今日は私どものハワイ線のA380の宣伝をしていただいている女優の綾瀬はるかさんの、機内を紹介するメッセージビデオをご覧いただきたいと思います」と話した、ビデオメッセージが公開された。

 このビデオメッセージは初便就航セレモニー限定のもので、エンディング部分でのリテイクもあり、参加者たちも微笑みながら鑑賞していた。

綾瀬はるかさんからのスペシャルビデオメッセージとCMの一部。一般公開向けのANAのCMも別掲したのでご覧いただきたい
ANA HAWAii「FLYING HONU Debut!!」編

搭乗ゲートでの記念品配布

「FLYING HONU」の初便となるNH184便が使用した、成田国際空港 第1旅客ターミナル 第4サテライト 45番ゲート前では、搭乗開始時には平子社長もゲート前に立ち、スタッフとともに初便搭乗者への記念品配布に参加していた。

搭乗者をゲートで迎え一礼する平子社長と石田成田空港支店長。ディスプレイにはラニの画像も表示。フライト時間は7時間20分、現地は曇り、気温は23℃(摂氏)と表示されていた
搭乗記念品は「ビフォア・アフタバック」「折り畳み式トートバッグ」

平子社長もランプエリアでお見送り

 すべての搭乗者がNH184便に乗り込むと、平子社長もランプエリアに降り立ち、512名の旅客を乗せブロックアウトするFLYING HONUに手を振って見送った。至近距離で見ると、改めてA380型機の大きさに驚くばかりだが、ラニの愛くるしい顔が迫力を和らげてくれているようにも思えた。

ANAスタッフたちとA380型機を見送る平子社長
ラニのエンジンの向こうに見えるのは、FLYING HONU 2号機のカイ。機長が地上の見送りに向かい手を振ってプッシュバック。トーイングカーにもメッセージが貼られていた
プッシュバックするA380型機
滑走路に向けて動き出したラニ。カイを半周ぐるりと回るようにして通り過ぎて行なった
滑走路に向けて動き出したA380型機
闇夜に消えていくA380型機