ニュース

シンガポール航空、ボーイング 787-10型機をセントレア線に7月28日導入

機内食に「うなぎ」を用意。787フライトシミュレータ体験会も実施

2018年7月28日 運航開始

シンガポール航空は7月28日から、セントレア~シンガポール線にボーイング 787-10型機を導入する

 シンガポール航空は関空(関西国際空港)、成田国際空港に続いて名古屋のセントレア(中部国際空港)線にも、ボーイング 787-10型機を7月28日から導入する。

 787-10型機の名古屋就航を記念して、うなぎを使用した特別な機内食をセントレア~シンガポール線の全クラスで提供する。ビジネスクラスでは、京都の老舗料亭「菊乃井」の村田吉弘氏が監修する機内食「花恋暦」と併せて、7月と8月はうなぎ、9月は愛知県三河産の牛肉「みかわ牛」を使用したメニューを、エコノミークラスでは7月から9月までうなぎを使用したメニューを用意する。

 また、ボーイングとコラボレーションしたキャンペーンを実施。シンガポール航空が催行予定のツアーに申し込んだ人を対象に、抽選で10名をシンガポールにあるボーイング社のトレーニングセンターで開催する787-10型機のフライトシミュレータ体験会に招待する。詳細はシンガポール航空のWebサイトで案内する予定となっている。

 シンガポール航空 日本支社長のデイヴィッド・ラウ氏は、「最新鋭機ボーイング 787-10の35%は名古屋近郊で製造されているため、その名古屋への就航を開始できることを特にうれしく思います。2018年は、シンガポール航空の日本就航50周年の節目の年です。50年の長きにわたり、シンガポール航空をご支援くださった日本の皆さまへの感謝の気持ちを込め、最新の地域路線用の機内プロダクトを搭載した機材を導入いたしました」と、ニュースリリースにコメントを寄せている。

シンガポール航空の中部国際空港~シンガポール・チャンギ国際空港線

SQ671便:セントレア(10時30分)発~シンガポール(16時20分)着、毎日運航
SQ672便:シンガポール(01時20分)発~シンガポール(09時05分)着、毎日運航
※7月27日まではエアバス A330型機を使用

787-10型機の名古屋就航を記念して、うなぎを使用した機内食をセントレア~シンガポール線の全クラスで提供する(画像提供:シンガポール航空)

 787-10型機は787-9型機より全長が約5.5m長く、標準仕様で約40席多い330席クラスとなる。シンガポール航空のエアバス A330-300型機と比べると座席数は約18%、貨物室の搭載量も約18%増え、ビジネスクラス36席、エコノミークラス301席の計337席となる。

 ビジネスクラスの従来のシート配置は2-2-2だったが、787-10型機では1-2-1となり、すべての座席から通路に直接アクセス可能になった。各席にユニバーサルAC電源、充電用USBポート、18インチのフルHDタッチスクリーンモニターを備えている。機内エンタテイメントシステム「クリスワールド」は日本語メニューでの操作が可能で、1000種類以上の映画、テレビ、音楽、ゲームコンテンツを楽しむことができる。

 エコノミークラスのシートはレカロ製で、3-3-3配置。各シートに11.6インチのフルHDタッチスクリーンモニターと充電用USBポートを備えている。ユニバーサルAC電源は各シート間に1口ずつ配置。機内エンタテイメントシステムはビジネスクラスと同じ内容を利用できる。詳細は、関空で行なわれた787-10型機の内覧会も合わせてご参照いただきたい(関連記事「シンガポール航空、ボーイング 787-10型機を関空で報道公開。新開発のビジネスクラスとエコノミークラス搭載」)。

シンガポール航空のボーイング 787-10型機のビジネスクラス
シンガポール航空のボーイング 787-10型機のエコノミークラス