ニュース

ルフトハンザ、関空~ドイツ・ミュンヘン線を2019年3月31日就航

関空~フランクフルト線からの変更。使用機材はエアバス A350-900型機

2019年3月31日 就航

ルフトハンザ ドイツ航空は関空~ミュンヘン線を2019年3月31日に就航する

 ルフトハンザ ドイツ航空は、関西国際空港~ミュンヘン空港線を2019年3月31日に就航すると発表した。

 これまでの関空~フランクフルト線からの変更となる。使用機材はエアバス A350-900型機で、ビジネスクラス48席、プレミアムエコノミー21席、エコノミー224席の計293席。

ルフトハンザ ドイツ航空「関西国際空港~ミュンヘン空港線」概要

LH743便:関空(09時30分)発~ミュンヘン(14時20分)着、毎日運航
LH742便:ミュンヘン(12時15分)発~関空(翌06時20分)着、毎日運航

 ルフトハンザ グループの日本・韓国支社長を務めるドナルド・ブンケンブルク氏は、「2019年夏期には最新のエアバス A350-900型機を使用して、大阪とミュンヘンを結ぶノンストップ便を運航できることを大変うれしく思います。5つ星の評価を受けたミュンヘン空港は、近代的な利便性を備えており、乗り継ぎにも便利なヨーロッパへの優れた玄関口です。特にアジアに焦点をあてたハブ空港としての役割を果たしていきます。使用機材となるA350-900型機は、真に最新鋭の長距離路線機材であり、乗客の皆さまにとっての快適さと環境の両方に配慮した最も先進的な飛行機です。関西路線に最高の機材を投入することは、この市場への私どもの強いコミットメントを示しています」とニュースリリースにコメントを寄せている。