週末駅弁

「大阪名物 元祖 たこむす」

大阪らしい? 小腹がすいたときに食べる駅弁

「元祖たこむす」
弁当名「大阪名物 元祖 たこむす」
価格700円
販売駅東海道新幹線 新大阪駅
購入場所新幹線改札内売店「旬菜」
購入日2016年4月27日

 大阪と言えば「たこ焼き」と考える人に、たこむすはいかがでしょう。価格は700円と決して高くなく、量も多くはないですが、炭水化物+炭水化物のコラボはしっかりと腹にたまります。

フタを開けるとたこむすが5個

 弁当のフタを開ければ、海苔に包まれたたこ焼きが顔を出します。しかし、たこ焼きの下にはご飯が……。大阪ではお好み焼き+ご飯という組み合わせのお好み焼き定食が一般的に食べられますが、まさにそれと同じノリ。最近テレビ番組でも「大阪名物 元祖 たこむす」が紹介され、炭水化物+炭水化物のコラボを突っ込まれたそうですが、美味しいのでアリです!

 味はたこ焼き……そのままです。ご飯は白ご飯で、たこ焼きだけでは物足りない感じをちょうどよい具合にブーストしてくれ、お腹の満足度も高いです。また、好みに応じて付属のマヨネーズをかけることもできます。

 たこむすは5個入っていますのでシェアして食べることもOKです。購入した売店では箸を2膳付けてくれたので、小腹がすいたときに2~3人で食べることも多いのだと思います。ただし、5個入りなので2人や3人で食べるときは数で喧嘩しないでください。

マヨネーズも入っています
(編集部:正田拓也)