週末駅弁

「佐賀みつせ鶏 とりトロ弁当」

佐賀県の銘柄鶏「みつせ鶏」を使った駅弁

「佐賀みつせ鶏 とりトロ弁当」

 佐賀駅の名物駅弁が、この「佐賀みつせ鶏 とりトロ弁当」です。以前は佐賀駅構内でも販売されていたようですが、現在では駅に隣接するアーケード街「えきマチ1丁目」にある「とんかつ あら玉」の店頭で販売されています。

 竹の皮を使った駅弁容器は、見た目にもレトロな雰囲気で、駅弁としてとても趣があります。そして、フタを開けると、ふわっと立ち上る鶏の炊き込みご飯「かしわ飯」の美味しそうな香りとともに、鮮やかな照りの鶏肉が目に飛び込んできます。これが、駅弁の名前にもなっている佐賀県の銘柄鶏「みつせ鶏」のお肉です。

みつせ鶏を使ったかしわ飯が敷き詰められ、その上にみつせ鶏のお肉が盛り付けられている

 このお肉は、みつせ鶏のむねと手羽の間にある「とりトロ」と呼ばれるわずかな部位のお肉だそうです。鮮やかな照りもありますが、脂が乗っていて見た目にもとても美味しそうです。お肉を口に運ぶと、見た目に反してかなり弾力が強く、噛み応えのある食感に驚かされます。しかし、噛むごとにみつせ鶏の濃いうま味がじゅわっと口に広がります。

 脂が乗っていますがしつこさはありませんし、甘みの強いタレの味わいとも相まって、なんとも言えない美味しさです。弁当に添えられている七味唐辛子をかけていただくと、ピリッとした辛みが加わって、お酒のお供としても最高の味わいになります。

みつせ鶏のむねと手羽の間にある「とりトロ」は、脂が乗っていて照りが強く、見た目にもかなり美味しそうだ
みつせ鶏は弾力の強い食感で、噛むごとにクセのないうま味がしみ出し、口いっぱいに広がる

 また、お肉の下に敷き詰められているかしわ飯も、みつせ鶏を使って炊き込まれています。ほんのり甘い醤油味に、こちらもみつせ鶏のうま味がしみ込んでいて、あとを引く美味しさです。ところどころにみつせ鶏のお肉も混ざっていて、その弾力のある歯応えもよいアクセントになっています。

 かしわ飯にはシシトウや椎茸の煮物なども添えられていて、それらと一緒に口に運ぶと、また違った味わいが加わって味の変化が楽しめます。

 やや小ぶりなパッケージではありますが、かしわ飯がほぼ一面に敷き詰められていますので、見た目に反して十分なボリュームがあります。そしてなにより、クセがなく濃い味わいのみつせ鶏の美味しさは、鶏肉を使った駅弁のなかでもトップクラスと感じました。佐賀駅に行く機会があったら、ぜひ手に取って試してみてください。

かしわ飯にもみつせ鶏を使用。みつせ鶏のうま味がしみ込んであとを引く美味しさだ
「佐賀みつせ鶏 とりトロ弁当」

価格:760円
販売駅:JR佐賀駅
購入場所:JR佐賀駅 えきマチ1丁目 とんかつ あら玉
購入日:2018年5月25日