ニュース

新東名高速 浜松いなさJCT〜豊田東JCTが開通、岡崎東ICで開通1番乗り記念品贈呈式

工業団地が直近にあり利便性の高いIC

2016年2月13日15時 開通

浜松いなさJCT〜豊田東JCT区間内にある「岡崎東IC」

 NEXCO中日本(中日本高速道路)は新東名高速道路の浜松いなさJCT(ジャンクション)〜豊田東JCT間を2月13日15時に開通した。これに合わせ、区間内にある「岡崎東IC(インターチェンジ)」では1番車両への記念品贈呈式を行なった。

 この岡崎東ICは浜松いなさJCT〜豊田東JCT間に2つ新設されたICのうち、豊田東JCT/名古屋寄りになる。東名高速では岡崎ICと音羽蒲郡ICのちょうど中間あたりになり、473号を北上すると新東名の岡崎東ICに乗ることができる。つながっているわけではないが、東名と新東名の距離が比較的近い。岡崎近辺を移動する際に、新東名の岡崎東IC、東名高速の岡崎ICもしくは音羽蒲郡ICなど、選択肢も広がった。

開通2時間ほど前まで「祝 新東名 開通」が表示されていた
岡崎東ICの全景。開通前入口側
入口ゲート正面
岡崎東ICの全景。開通前出口側
入口を入ると名古屋方面と静岡、東京方面に分岐する
通行券の発行機
左ハンドル用の通行券発行機

「一番車両記念品贈呈式」は14時30分から開催された。新規開通の1番乗りに関しては、以前はIC前に並んだ順だったが、現在は事前申し込み式で、1番車両については、NEXCO中日本 名古屋支社豊田保全・サービスセンターで先着順で整理券を発行していた。岡崎東IC、新城ICともに1月25日の朝9時30分から1月28日の17時まで受け付けたが、開始時点ですでに受付場所に並んでいて、すぐに決まったとのこと。

 岡崎東ICへの1番乗りの権利を得たのは名古屋市から来た松岡さん。続いて、2番車は兵庫県、3番車は愛知県、4番車は埼玉県、5番車は愛知県から訪れた人達が権利を手にした。

 1番車の前に、1〜5番車までの方々が集まり、NEXCO中日本 名古屋支社豊田保全サービスセンター 浦敦所長から1人ずつ「認定書」「記念品」の順で手渡された。1番の方には花束も手渡され握手をしていた。

 1番乗りの松岡さんは、「地元の開通ということで、とにかく1番乗りを取りたくて並びました。先頭を走れるのはとてもすがすがしくて気持ちがいいです。この後岡崎SAに寄って買物をしたいと思っています。これからは名古屋から東京方面に行くときは新東名を通ることが多くなると思います」とコメントした。

NEXCO中日本 名古屋支社豊田保全サービスセンター 浦敦所長から1〜5番車までを表彰。
1番乗りには花束も贈呈。記念品は地元の特産品や新東名高速グッズなど
1〜5番車までの方々とNEXCO中日本関係者との記念写真
警察車両が先頭に入っていく
1番車両がゲートをくぐる
続けてゲートを抜けてくる
待ちわびた一般車両が途切れることなく入ってくる
しばらくすると出口側からも警察車両に続きクルマが出てきた
開通の瞬間、すべての入口ゲートの表示が「閉鎖」から「ETC」や「一般」に切り替わった

(村上俊一)