旅レポ

石造りの歴史が眠るエジプトを旅する。首都カイロまでは日本から直行便で13時間20分

エジプトに行ってきました

 大人から子供まで世界中誰もが知る歴史的建造物を擁し、神話や古代の胸踊るような物語があり、個人的にも「一生に一度は行きたい」と思いながら「実際に行った」という話はあまり聞かない国、エジプト。そんなエジプトへ、JATA(日本旅行業協会)とETA(エジプト観光局)主催のプレスツアーで訪問した。

 エジプトはアフリカ大陸の北東に位置し、東はイスラエル、西はリビア、南はスーダンと国境を接する。北は地中海を隔ててギリシャやイタリア、トルコなどがあり、かつて古代ギリシャやローマ帝国、オスマン帝国などから侵略を受けている。古代からナイル川流域に文明が花開いていたのは歴史の授業で習うとおりだが、現在も都市文化の中心はナイル川流域で発展しており、国土の大半は砂漠が広がっている。

 今回のプレスツアーは、カイロからハルガダを経てルクソールへ向かい、再びカイロへ戻るという行程。

エジプトと周辺諸国

 首都はカイロで、通貨はエジプトポンド(1エジプトポンド=約6.5円換算)。国民のほとんどはイスラム教徒で、アルコールや豚肉は口にしない。公用語はアラビア語で、観光地では英語が通じるほか、日本語で話しかけられることもしばしば(日本語が完全に通じるわけではない)。時差はマイナス7時間で、日本が正午(12時)のときは朝5時。

 コンセントの形状はタイプC(丸い棒が2本のタイプ)なので変換アダプタは必須。電圧は220Vで、PCやスマートフォンのACアダプタはワールドワイド対応ものがほとんどだが、そうでない日本製品はそのままでは使えない(要変圧器)。携帯電話は日本から持ち込んだ端末をローミングして使えるほか、空港などでプリペイドSIMを購入することもできるが、主要な観光スポット以外は3G接続になったり、圏外になったりと安定しない印象を受けた。ただ、主だったホテルではWi-Fiや有線LANが整備されている。

往路はエジプト航空の直行便で13時間超の旅

 日本からはエジプト航空が直行便を就航しており、成田~カイロ線が週2便運航している(3月31日~6月30日は週1便)。使用機材はボーイング 777-300型機で、7月以降はボーイング 787-9型機を投入する予定になっている。ちなみにエジプト航空はスターアライアンス。

エジプト航空の成田~カイロ線(2019年3月31日~6月30日、ボーイング 777-300型機)

MS965便: 成田(20時55分)発~カイロ(翌03時15分)着、日曜運航
MS964便: カイロ(23時30分)発~成田(18時30分)着、土曜運航

エジプト航空の成田~カイロ線(2019年7月1日~、ボーイング 787-9型機)

MS965便: 成田(20時55分)発~カイロ(翌03時15分)着、金・日曜運航
MS964便: カイロ(00時01分)発~成田(19時00分)着、金曜運航
MS964便: カイロ(23時30分)発~成田(18時30分)着、土曜運航

成田空港 第1ターミナルのチェックインカウンター
これに乗っていきます

 往路は13時間20分、復路は12時間のフライト。記者は過去に羽田~ロンドン線の搭乗経験があるが、その直行便往路は12時間30分なので、プラス1時間ほどの過去最長フライトになった。これだけ長いとやはり乾燥するので、目薬や化粧水など保湿用品と、いつでも飲めるように大きめ(500mL~1L)のペットボトルを持ち込んだ方がよい。

 シートはエコノミークラス。機内Wi-Fiはなし。個人用モニターがあり、機内エンタテイメントでは最新の映画が用意されているが、日本語字幕はほとんどなかった(むしろ邦画がいくつかあった)ので、AmazonプライムビデやNetflixなどの配信サービスに加入しているなら、あらかじめ見たいものをスマートフォン/タブレットにダウンロードしておくとよいかもしれない。記者はそうした。

 なお、前述したとおりエジプトはイスラム圏なので、エジプト航空の機内ではビジネスクラスであってもアルコールの提供はない。どうしても飲みたい、という場合は(保安検査後に)缶ビールなどを買えばよいだろう。

エコノミークラスのシート。ロゴに描かれているのはハヤブサの顔を持つ神様で、イシスの子ホルス
このブランケットもロゴ入りでかっこいい
身長178cmの記者がきちんと座るとこんな感じ
個人用モニター。USB充電ポートが画面の横、足元にはユニバーサルACコンセントがある
この有線LANポートをどう使うのかは試すチャンスがなかった
晩ご飯は意外にも?和食。朝ご飯までの間に軽食のサンドイッチも出てきた
カイロ市街が見えてきたが、現地は深夜4時なので真っ暗
25米ドルでビザを購入して入国審査を受ける。入国は非常に短時間ですんだ
カイロ空港は深夜のせいか、閑散としていた

 カイロに到着すると、出発が遅れた影響で現地では深夜4時過ぎ。このときの日本時間は朝11時ごろだが(時差の大きい海外では日本時間を気にしない方がいいと思うけど)、いずれにせよ外は真っ暗なのでホテルに向かうほかない。

 なお、エジプト入国時にはビザが必要で、空港で観光ビザのシール(25米ドル)を購入してから入国審査を受けなければならない。ホテルのチップやお土産の買い物などでも米ドルを使うことはあるので、日本で用意しておくとよいだろう。ちなみに現地通貨のエジプトポンドは空港のほか、ホテルなどでも両替できる。

最初の宿は「コンラッド カイロ」

明るくなってから撮影したコンラッド カイロの外観

 旅行会社のツアーで来ているならバスでホテルまで、ということになると思うが、そうでない個人旅行の場合は、空港でUberのようなライドシェアサービスを呼ぶのが簡単だし、お勧め。カイロ市内や主要なホテルを回る乗り合いバス(バン)もあって、成田発便の到着時間帯にも運行しているが、チケットの事前購入や乗り合いの煩わしさを感じるならUberの方が話が早い。

 最初の宿になった「コンラッド カイロ」は空港からクルマで30分ほど。設備はやや古めかしいものの、高級感たっぷりの重厚な内装で、アメニティ各種やバスローブ、スリッパなども揃っている。部屋にはウェルカムスイーツ/フルーツが用意してあったので、とりあえずバナナを食べて眠りについた。

コンラッド カイロ
大きなベッドを囲むようにソファ、ワークデスク、テレビ台などが並ぶ
すぐ靴を脱ぎたくなるので、スリッパがあるのはうれしい
用意してあったウェルカムスイーツ/フルーツ
ミニバー。電気ケトルがある
金庫
クローゼットにはアイロンとアイロン台も
バスローブがあるとホント楽
浴室はシャワーブースと浴槽が別。奥にトイレがある
トイレ。扱いが難しくて使わないけど、ホース式のシャワーが付いてる
ビデもある
浴室にはシャンプーにコンディショナー、ボディソープなどひとしきり揃っている
(昼ごろに)目が覚めて窓の外を見るとナイル川が!
ホテルの前の通り。クルマはクラクションで自己主張しながら進んでいく
ホテル2階で遅い朝食を。エジプトの料理についてはまた別の記事で

編集部:松本俊哉