ニュース

WILLER TRAINS、京都丹後鉄道 食堂列車「丹後くろまつ号」で食による地域の魅力を紹介する新サービス

4月1日から豊岡駅と天橋立駅の区間で

2016年2月1日 予約開始

2016年4月1日 サービス開始

「FOOD EXPERIENCE」をコンセプトにした食堂列車「丹後くろまつ号」

 「京都丹後鉄道」(以下、丹鉄)を運行するWILLER TRAINS(ウィラートレインズ)は、4月1日より豊岡駅〜天橋立駅間で運行する食堂列車「丹後くろまつ号」において「FOOD EXPERIENCE」をコンセプトにした、食を楽しむだけではなく、食を通じて沿線地域の魅力を発見できる新しいサービスを開始する。

 これまで「丹後くろまつ号」では、丹鉄沿線地域の海の幸や山の幸を使った料理を提供。今回の取り組みでは、沿線地域の食材や料理に、地域の魅力や食材生産者の想いを加えることで、それらの食材や料理をブランド化し、国内、国外問わず多くの方々に沿線地域を知ってもらい、来てもらうきっかけを作る。また、沿線地域の魅力を丸ごと知ってもらうために、食だけではなく魅力そのものを体験してもらうことが必要、という想いから「FOOD EXPERIENCE」をコンセプトとしている。

 今回の新しいメニューは、列車の進行に合わせて、その地域で採れた食材を生かし地元で親しまれている料理を使用。料理提供前には、それぞれの食材や料理に秘められた歴史や文化について、食材生産者や調理人に語ってもらい、それを映像化した動画を車内で放映する。そして、調理の最後の1工程を顧客の目の前で披露し、その土地の慣習に習って味わえる。

 今回の企画は、沿線の食材生産者や調理人の方々と意見を出し合い協力して、地域の食の魅力を創造することを目指し、素材から調理方法、提供方法に至るまでこだわり創り上げる。例えば、300余年の歴史がある天橋立名物「智恵の餅」の食べ比べ(智恵の餅〜四軒茶屋食べ比べ〜)は、四軒の茶屋に協力してもらい、今回初めて実現したメニュー。

 第1弾は、日本有数の名湯地として有名な「城崎温泉」の近隣駅である豊岡駅と日本三景で多くの観光客が訪れる「天橋立」を結ぶことで、丹鉄沿線の食を楽しみながら城崎温泉と天橋立間を移動する。今後、天橋立と西舞鶴や福知山を結び、その地域の魅力を伝える料理を企画していく予定。

コース1 「丹後のこだわり味わいコース〜BETSUBARA〜」8800円

10時08分 豊岡駅発 コウノトリ大豆のおぼろ豆腐〜米糀と北村ワサビと共に〜
10時21分 久美浜駅着 漁師汁〜久美浜湾の恵み〜
10時55分 久美浜駅発
11時17分 網野駅着 丹後ばら寿司のまつぶた盛り
11時50分 網野駅発
12時20分 天橋立駅着 地魚の一刻干しと黒ちくわの七輪焼き
13時20分 天橋立駅 順次解散
※四軒茶屋1店舗で使えるクーポン(智恵の餅3個+お茶)付き
※与謝野町特産品「ちりめん」の選べるお土産付き

コウノトリ大豆のおぼろ豆腐〜米糀と北村ワサビと共に〜
コース2 「丹後のこだわり味わいコース〜MANPUKU〜」8800円

11時50分 天橋立駅改札口前集合
12時54分 天橋立駅発 地魚の一刻干しと黒ちくわの七輪焼き
13時23分 網野駅着 丹後ばら寿司のまつぶた盛り〜季節の茶わん蒸しと共に〜
13時51分 網野駅発
14時10分 久美浜駅着 漁師汁〜久美浜湾の恵み〜(車内で)
14時42分 久美浜駅発
14時56分 豊岡駅着 くろまつ限定!!〜米粉ブラックスイーツ〜
※与謝野町特産品「ちりめん」の選べるお土産付き

くろまつ限定!!〜米粉ブラックスイーツ〜
コース3 A「丹後のこだわり味わいコース〜YOKUBARI〜」7800円
コース3 B「丹後のこだわり味わいコース〜TASHINAMI〜」7800円

16時05分 豊岡駅発共通:コウノトリ大豆のおぼろ豆腐〜米糀と北村ワサビと共に〜 B:丹後の地酒
16時18分 久美浜駅着 共通:漁師汁〜久美浜湾の恵み〜
17時00分 久美浜駅発
17時21分 網野駅着 A:丹後ばら寿司と長寿のとり合わせ9品
17時52分 網野駅発 B:地酒の肴と長寿のとり合わせ9品
18時21分 天橋立駅着 A:智恵の餅〜四軒茶屋食べ比べ〜
※共通:与謝野町特産品「ちりめん」の選べるお土産付き

丹後ばら寿司と長寿のとり合わせ9品
全コース共通

設定期間:4月〜6月
運行日(個人/定期):4月〜6月の金土日祝
運行日(団体/貸切):定期運行の日を除く、4月〜6月の水木
予約開始日:2月1日

(編集部:中林さやか)