ニュース

京都丹後鉄道、Visaのタッチ決済で乗車できる国内初のサービスを開始

2020年11月20日 発表

京都丹後鉄道がVisaのタッチ決済で乗車できるサービスを開始

 WILLERは、京都丹後鉄道においてVisaのタッチ決済で乗車できる国内初のサービスをは11月25日から開始する。

 新サービスは、乗車時と降車時に駅や車内に設置された読み取り端末のVisaタッチリーダーに対応カードをかざすことで、運賃の決済が完了するというもの。Visaのタッチ決済に対応したクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードで利用できる。利用履歴はWebサイトで確認できる。

 Visaのタッチ決済をはじめとする、いわゆるコンタクトレス(非接触)決済対応カードは、海外で広く使われるようになっており、訪日外国人が券売機や窓口で乗車券を購入する手間もなくなる。

 決済システムは、1回券や1日券などの均一運賃だけでなく、車両のGPSを活用することで距離製運賃の決済も可能で、WILLERでは京都丹後鉄道への導入後、MaaSアプリと組み合わせてバスなどでも利用できるようにしていく。

カードリーダー
車内での利用イメージ
【Visaのタッチ決済の利用イメージ】