ニュース

アスク、アクションカム「Insta360 ONE R」。レンズ交換可能なモジュール式でIPX8防水

2020年1月下旬 発売

アスクがアクションカメラ「Insta360 ONE R」シリーズを発売する

 アスクは、Shenzhen Arashi Visionのアクションカメラ「Insta360 ONE R」シリーズを1月下旬から発売する。

 Insta360 ONE Rはレンズモジュール、バッテリーベース、コアモジュールの3つのパーツで構成する小型アクションカムで、3タイプのレンズモジュール(360度、4K広角、1インチ広角)をラインアップする。なお、1インチ広角レンズモジュールはLeicaと共同開発したもの。

 カメラ本体はIPX8の防水機能を備え、6軸ジャイロによる手ぶれ補正に対応、HDR/タイムラプス/ナイトショットなどの撮影モードを用意する。記録メディアはmicroSDカード(最大256GB)。

 製品はレンズの組み合わせで3種類のパッケージを用意しており、360度レンズモジュールと4K広角レンズモジュールが付属する「Insta360 ONE R Twin Edition」(予想価格5万9400円)、4K広角レンズモジュールが風俗する「Insta360 ONE R 4K Edition」(予想価格3万9600円)、1インチ広角レンズモジュールが付属する「Insta360 ONE R 1-Inch Edition」(予想価格6万8200円)となっている。

モジュール式を採用
コアモジュール
コアモジュールはタッチパネル搭載
バッテリーベース
360度レンズモジュールと4K広角レンズモジュールが付属する「Insta360 ONE R Twin Edition」(予想価格5万9400円)
4K広角レンズモジュールが付属する「Insta360 ONE R 4K Edition」(予想価格3万9600円)
1インチ広角レンズモジュールが付属する「Insta360 ONE R 1-Inch Edition」(予想価格6万8200円)
スペック
360度レンズモジュール
装着状態
4K広角レンズモジュール
装着状態
1インチ広角レンズモジュール装着状態