若林直樹のトラベルフォトギャラリー

秋の「鳴子峡」とその周辺(宮城県)

 宮城県の名勝に指定されている鳴子峡は紅葉の名所として知られている渓谷だ。その渓谷にかかる長さ約100mの大深沢橋からの景色は圧巻で、約100m下の渓谷の底まで歩いて行くことができる。渓谷を降りると紅葉の木々に囲まれ、渓流がある素敵な場所だ。

 周辺には中山平温泉や鳴子温泉郷があり、温泉宿に泊まってゆっくり紅葉を満喫できる理想的な橋である。

 画像を開いたあと、拡大ボタンをクリックするとフルHD解像度(1920×1080ドット)で表示できます。

若林直樹(STUDIO海童)

雑誌、広告等の仕事の傍ら、ライフワークとして自然や癒される空間を求めて国内外を旅している。撮影対象はICチップからアフリカ象まで幅広い。デジタルカメラは1995年からコンパクトからプロ機までテストレビューに携わる。自宅ではフェレットをこよなく愛し、現在2匹と暮らしている。いつかフェレットの写真集を出そうと企み中。HPはhttp://kaido.sub.jp/