週末駅弁

「なにわちらし寿司」

新大阪駅限定の2段のばら寿司

なにわちらし寿司

 新大阪駅限定で販売されている、ちょっと珍しい「ばら寿司」の駅弁です。ばら寿司は、見た目がちらし寿司に似ていますが、京都丹後地方の郷土料理とのこと。一般的な駅弁のように平たい容器ではなく、小ぶりなサイズに見えますが、縦に深くご飯の間に具が入る2段構成になっているのでボリュームは十分です。

 あいだには牛肉のそぼろ煮と煮穴子が挟まっています。ばら寿司は煮付けたサバのおぼろ系が多いのですが、こちらは牛肉と穴子。味も濃い目なので、やや男子向けかもしれません。

「なにわちらし寿司」は新大阪駅限定で販売されている

 お弁当のフタを開けると、具がたくさん散らされていてとても賑やかです。特に大ぶりのエビと穴子は真っ先に目に留まってしまいます。茹でたエビは酢で味が染みています。穴子は薄味で、穴子本来の味が楽しめます。このあたりの味付けは関西風でしょうか。ご飯の間から現われる煮穴子は量が多く、驚きとともに楽しんで食べられます。

2段になっていて、間には牛肉のそぼろ煮と煮穴子が挟まれている

 ほかにも、数の子、あさり煮、かんぴょう煮、ハス、赤カブ、ニンジン、枝豆、わらびなどが散りばめられていて、多彩な食感も含めて飽きさせません。ご飯は酢飯で、すべての具は錦糸卵の上に乗せられています。

数の子、あさり煮、かんぴょう煮などが並ぶ
煮穴子は、タレもかかっているが、見た目よりもあっさりした味付け
茹でたエビは酢の味が染みていて、プリプリとした食感
ハス、赤カブ、ニンジン、枝豆、わらびなど

 京都らしく、ちりめん山椒がまぶされていて、これが味をピリっと引き締めています。冷めていても美味しく食べられるところもうれしいです。具のバリエーションが豊富なので、お酒と一緒におつまみっぽく食べるのもよいかもしれません。

「なにわちらし寿司」

価格:1000円
販売駅:新大阪駅限定
購入場所:新大阪駅「デリカステーション」
購入日:2018年9月8日