ニュース

JR横浜タワー、6月24日開業。横浜駅西口直結の新ランドマークをレポート

2020年6月22日 公開

2020年6月24日 開業

横浜駅西口の玄関となるJR横浜タワー

 JR東日本(東日本旅客鉄道)横浜支社は、6月24日に開業するJR横浜タワー内アトリウムなどの施設を報道公開した。

 JR横浜タワーは横浜駅直結となる地下3階、地上26階、延床面積約9万8000m 2 の高層ビル。地下1階~地下3階は「CIAL横浜」、1階~10階はショップ&レストランの「NEWoMan横浜」、8階~10階はシネコンの「T・ジョイ横浜」と商業施設のスペース。12階~26階はオフィスビルとなっており、12階と13階には会員制のワークスペース「STATION SWITCH」が入っている。

 当初は5月30日の開業を予定していたが新型コロナウイルス感染症の影響で延期。非常事態宣言が解除となったことから6月18日のCIAL横浜に続き、6月24日にNEWoMan横浜、T・ジョイ横浜、STATION SWITCHなど主要施設が開業する運びとなった。

 ただし、NEWoMan横浜では、6月24日~28日は「3密回避」のため、予約入館や混雑状況によっては入館制限を行なう。また、アトリウムについても当面の間一般入場を規制する場合があるとのことなので、注意していただきたい。

JR横浜タワーの開業スケジュール(JR東日本資料)

アトリウム

 横浜駅西口の新たな玄関となるのが、このアトリウム。4層吹き抜けの明るいスペースとなっており、休憩スペースが設けられた「街のラウンジ」、ライブステージ、横浜市が運営する観光案内所などが用意される。

アトリウム 4階

アトリウム4階から西側を見る。左下がライブステージ
アトリウム3階から1階コンコースを望む。右側がJR線、手前側が相鉄線になる
館内図
街のラウンジ(4階)。右手側がNEWoMan横浜
「横浜の、後世にのこしたい99のヒトモノコト」を詰め込んだ缶がならぶアートスペース。横浜出身のアーティスト、吉水卓氏ドローイングをベースにしたもの
もともとは2019年1月から3月にかけてJR横浜ビルの工事用仮囲いに描かれていた作品

アトリウム 3階

3階部分に設置される約5m×9mの超大型ビジョン
見上げると4階の天井部分。船底を模したデザインで丸みを帯びた造形担っている
4階に上るエスカレーター前にT・ジョイ横浜のチケット発券機がある
3階から東側を見る
横浜に関する書籍が並ぶスペース
3階の吹き抜け部分。4階から5階へのエスカレーターは船底に突入していくようなイメージ
街のラウンジ(3階)

アトリウム 2階

奥側がライブステージ
吹き抜けから駅方面を見る
街のラウンジ(2階)
3階とつなぐエスカレーター前に案内板がある
横須賀線のホームが目の前。つまり、ここは昔の東急東横線横浜駅があった部分になる
横浜市が設置する観光案内所
観光案内所は日本政府観光局が認定する制度における「カテゴリー3」に対応。常時3カ国語以上での案内を行なう
さまざまなパンフレットが用意される
横浜を紹介する書籍類
コンセントを備えたカウンターもある

屋上広場「うみそらデッキ」

 横浜駅の新たなシンボルとなる場所を目指して用意された屋上広場。桜や紅葉など四季折々に目を楽しませてくれる緑豊かなスペースとなっており、ベンチやテーブル、カウンターなど思い思いの場所で寛ぐことができる。横浜港や横浜ベイブリッジを望むこともでき、昼夜を問わず楽しむ音が可能だ。

 ただし、JR横浜タワー内の「3密」回避の観点から、残念ながら「当面の間解放を見合わせる」としている。

屋上広場中央に「YOKOHAMA」の文字をかたどった大型のオブジェを設置
1年を通じて花や紅葉などが楽しめるようにさまざまな植物を植えているという
水滴がついているため見づらいが海(東)側の眺めは抜群
西側も見える部分が用意されている

STATION SWITCH

 法人および個人を対象とした会員制のワークスペース。12階が「解放」、13階が「集中」と異なる空間テーマで設計されており、ブース席、ラウンジ席のほか会議室、貸室など使い方に応じてスペースを選ぶことができる。

STATION SWITCH

フルタイム会員(平日8時~22時、土日祝9時~21時): 2万5000円(税別)
ウイークデー会員(平日8時~22時): 2万円(税別)
ナイト&ホリデー会員(平日18時~22時、土日祝9時~21時): 1万2000円(税別)
モーニング会員(平日8時~12時): 7000円(税別)
※別途入会金が必要
Webサイト: STATION SWITCH

STATION SWITCH。12階の入口
12階は解放をテーマにした空間
窓側はカウンター席
ソファー席
コンセントを用意
8人用の会議室。4人用もある
サービスドリンク
13階は集中をテーマにした空間
窓側のカウンター席からの眺め
プライバシーが保たれるブース席
ロッカーを用意
シンプルなどファーも