ニュース

JR東日本とNRE、パリ・リヨン駅に日本の駅弁売店

3月1日〜4月30日オープン

2016年3月1日〜4月30日オープン

営業時間:8時〜19時30分

フランス パリ・リヨン駅にオープンする駅弁売店

 JR東日本(東日本旅客鉄道)とNRE(日本レストランエンタプライズ)は2月5日、フランス パリ・リヨン駅ホール2内に駅弁の販売店を3月1日〜4月30日(現地時間)の期間限定でオープンすると発表した。営業時間は8時〜19時30分(現地時間)。なお、3月1日は11時からオープンとなる。

 同店では、フランスのご当地食材「シャロレー牛」を使用した「BENTO PARIS-LYON(パリ・リヨン弁当)」(15ユーロ)のほか、「BENTO MAKUNO-UCHI(幕の内折詰弁当)」(15ユーロ)、「BENTO OMOTENASHI(日本のおもてなし弁当)」(13ユーロ)、「MAKI SUKEROKU(助六寿司)」(8ユーロ)、「BENTO ONIGIRI(おにぎり弁当)」(8ユーロ)を販売する。

「BENTO PARIS-LYON(パリ・リヨン弁当)」(15ユーロ)
「BENTO MAKUNO-UCHI(幕の内折詰弁当)」(15ユーロ)
「BENTO OMOTENASHI(日本のおもてなし弁当)」(13ユーロ)
「MAKI SUKEROKU(助六寿司)」(8ユーロ)
「BENTO ONIGIRI(おにぎり弁当)」(8ユーロ)

 また、同店のオープンを記念し、東京駅構内の駅弁屋「祭」でも、フランスで販売する駅弁を一部変更した駅弁を数種類販売する予定。本売店は、12月1日にオープンする予定だったが、11月13日に発生したパリ同時多発テロ事件によりオープンを延期していた。

(編集部:柴田 進)