旅レポ

ワイキキトロリー(ピンクライン)は健在! JCBカード片手にアラモアナセンターへ

ワイキキトロリーは変わらず運行している

 ホノルルの移動手段と言えば、タクシーやUber、レンタル自転車(biki)などいろいろ挙げられるが、パッと思い浮かんで象徴的な存在と言えば、オープンエアで爽快なワイキキトロリーだろう。

 特にアラモアナセンターとTギャラリア by DFSを結ぶピンクラインは、ホノルル訪問時に誰しも一度くらい乗っているはず。JCBカードを提示すると無料ということもあって、ハワイに持って行くクレジットカードはVisaでもMastercardでもなくJCB、という印象を持っている人も多いのではないだろうか。

 そんなワイキキトロリーのピンクライン、日本人旅行者が来ていない間にどうなっていたかというと、どうもなっていない。変わらず健在だ。日本人からするとJCBカードでタダで乗れる、という印象が強いかもしれないが、米本土などの旅行者には1日5ドルで乗り放題の足として活用されていて、運行維持に大きな影響はなかったとのこと。

ピンクライン、2階の車窓からの眺め。オープンエアの開放感がたまらない

 もちろん、ダイヤモンドヘッド方面へ向かうブルーライン、カラカウア通りからアラモアナセンター、ワード、出雲大社などを広範囲に巡るレッドラインも運行中だ。

ご存じ、アラモアナセンターのワイキキトロリー乗り場
編集部:松本俊哉