週末駅弁

「辛子めんたいこ弁当」

辛子めんたいこがたっぷり入った福岡らしい駅弁

「辛子めんたいこ弁当」

 福岡には、ラーメンや水炊き、もつ鍋など、たくさんの名物料理があります。そういった名物料理のなかで、ご飯の供として全国的に親しまれているのが、辛子めんたいこでしょう。今回博多駅で購入した駅弁「辛子めんたいこ弁当」は、その名前のとおり、辛子めんたいこを使った駅弁です。掛け紙も、辛子めんたいこを模したつぶつぶの赤いカラーリングとなっていて目立ちますので、すぐに見つけられると思います。

 弁当のフタを取ると、辛子めんたいこをメイン食材に据えた駅弁の割には、普通の幕の内弁当のように感じるのですが、中央付近に目をやると、辛子めんたいこが入ったパックが飛び込んできます。ほぐされた辛子めんたいこが、比較的大ぶりのカップいっぱいに詰められています。見た目に反して、辛子めんたいこの量はかなりのもので、ご飯の上いっぱいに乗せてもまだ余るほどです。しかも、パックでしっかりフタがされていますので、しっとりとした美味しさもしっかり残っています。肝心の味も、いい塩梅の辛さと塩加減で、かなりの美味しさです。これは否が応でもご飯が進みます。

一般的な幕の内弁当に近い内容ですが、中央上に大ぶりのカップいっぱいに辛子めんたいこが詰められている
フタでしっかりパックされているので、いつもしっとりとした辛子めんたいこの美味しさが保たれている
ちょうどいい辛さと塩加減、そして深いコクで、かなりの美味しさ
ご飯との相性は最強。これだけでご飯がどんどん進む

 ただ、ほかのおかずに辛子めんたいこを使ったものは少なくなっています。筑前煮や豚肉、ぜんまいの煮物、卵焼き、など、おなじみのおかずが並んでいます。この点は見た目だけでなく、辛子めんたいこ弁当と銘打っていることを考えるとちょっと気になりました。

 しかし、ほぐされた辛子めんたいこがたっぷり入っていますので、おかずにも辛子めんたいこをまぶして食べれば、味わいが変わるのはもちろん、辛子めんたいこを使った料理に早変わりします。すべてのおかずが辛子めんたいこ味だと、味の変化が乏しくなって飽きてしまう可能性がありますが、これならいろいろなおかずの味を楽しめますし、辛子めんたいこ本来の味わいをストレートに味わえますので、逆に辛子めんたいこの存在感が引き立つと言えるでしょう。

おかずは辛子めんたいこ味とはなっていないので、逆に辛子めんたいこの味が引き立つ。おかずに辛子めんたいこをまぶして食べても美味しい

 フタを開けたときの見た目からは、辛子めんたいこ感がそれほど強くは伝わってこないかもしれませんが、実際に食べ進めると、そういった印象は完全に吹き飛びます。味わい深いたっぷりの辛子めんたいこが味わえる、辛子めんたいこ好きにはたまらない駅弁としてお勧めです。

「辛子めんたいこ弁当」

価格:1100円
販売駅:博多駅など
購入場所:博多駅構内 駅弁当新幹線口店
購入日:2017年4月10日