トピック

ワンちゃんと一緒にラグジュアリー体験、シェラトン・グランデ・トーキョーベイに新設された「ドッグ・ラバーズ・スイート at トーキョーベイ」に泊まってみた

16室のドッグフレンドリールーム

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル。左が本館、右が新たにオープンしたパークウイング。パークウイングのオープンで全客室数が1016室の大型リゾートホテルとなる

 東京ディズニーリゾート内にあるシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルは、2016年12月19日に新客室棟「PARK WING(パークウイング)」をオープンしました。パークウイング内には、舞浜エリア初の愛犬と一緒に滞在できる宿泊施設「Dog Lovers' Suites at Tokyo Bay(ドッグ・ラバーズ・スイート at トーキョーベイ)」が併設され、愛犬と一緒に宿泊できる客室「ドッグフレンドリールーム」が16室用意されています。

 今回、ツナ家の愛犬「みちお」と一緒に「ドッグ・ラバーズ・スイート at トーキョーベイ」のドッグフレンドリールームに宿泊しました。その様子をレポートします!

ワンちゃんと一緒に旅行を楽しむための「ドッグ・ラバーズ・スイート at トーキョーベイ」

 愛犬と一緒に滞在できる宿泊施設「ドッグ・ラバーズ・スイート at トーキョーベイ」は、近年ペットと旅行したいというゲストや、結婚式に参列するときワンちゃんも一緒に連れてきたいというゲストが増えたことから実現したそうです。シェラトンでは、ワンちゃんと一緒に結婚式ができるプランも用意しているそうです。

ワンちゃんとの結婚式

http://www.sheratontokyobayweddings.jp/lp/dogloverswedding/

 ワンちゃんが泊まれる施設は年々増えていますが、ペンションやコテージが多く、一流ホテルに一緒に宿泊できるのはうれしいところです。

 パークウイングのドッグフレンドリールームは、客室1室あたり犬2匹まで(2匹目は追加料金あり)宿泊でき、体重や宿泊可能な犬種、予防接種2週間後から滞在可能など、滞在条件はいくつかあります。これらの条件を満たし、宿泊滞在同意書を記入し、必要書類を提出すれば、いざ宿泊です!

宿泊可能なワンちゃん一覧

http://www.sheratongrandetokyobay.com/jp/doglist

新設されたパークウイング。175室のうち、2階に愛犬と宿泊できる「ドッグフレンドリールーム」が16室用意されています
駐車場もワンちゃん連れゲスト用のスペースが80台分用意されています
駐車場からパークウイング 1階「ドッグ・ラバーズ・スイート at トーキョーベイ」内にある専用チェックインカウンターまでは、キャリーに入れて移動します
「ドッグ・ラバーズ・スイート at トーキョーベイ」の入口にあるオーナメント
専用チェックインカウンター
「ドッグ・ラバーズ・スイート at トーキョーベイ」内のみ、ワンちゃんをフリーにすることができます
チェックインの手続きをして、施設と客室での過ごし方について説明を受けました

 チェックインを済ませると、最初にワンちゃんのためのエチケットサービスが無料で受けられます。みちおはシャンプーも爪切りも自宅でケアしているので、初トリミング。ビビリのみちおは、トリミング台に乗ったら急にしっぽが下がってしまいました。

 最初はドキドキしていたみちおですが、スタッフの方がやさしい手つきでケアしてくれたので、次第に落ちつきました。

爪切り、耳掃除などのケアを希望者は無料で受けることができます。臆病な子は無理に受けなくても大丈夫です
トリミングスペース。チェックインしてすぐに、エチケットケアが受けられます
爪切りが苦手なみちおですが、専門スタッフの方のおかげでおとなしくしていました
無料のエチケットケアのほかに、シャンプーやトリミングのサービス(有料)も受けられます
ジョンマスターオーガニックが提案する100%植物由来のペット専用シャンプーとコンディショナーで洗ってもらえます。「気持チイイ~」という表情のみちお

 ドッグフレンドリールームは、ワンちゃんだけを残した外出は許可されていません。日中、パークに遊びに行ったり、夕食に出かけたりするときは、ドッグキャビンに預けます。キャビンルームは空調がしっかりしていて、スタッフの方がエサや水などの世話をしてくれます。エサの準備はないので、食べ慣れたエサは忘れず持っていきましょう。

「ドッグ・ラバーズ・スイート at トーキョーベイ」内にはワンちゃんを預かってくれるドッグキャビンが60室あります。ドッグフレンドリールームの宿泊客は、チェックアウトするまで無料で利用でき、チェックアウト後も有料で預けられます
スタッフにエサを預け、エサをあげる時刻と量を伝えておくと、世話をしてくれます。ワンちゃんを安心して預けられるので、結婚式やパークを思う存分楽しむことができますね
ドッグキャビンは6時から24時まで利用できますが、スタッフの滞在時間は9時~21時まで。スタッフがいない時間は、ルームキーを使って、キャビンまで行きます

「ドッグ・ラバーズ・スイート at トーキョーベイ」には、室内ドッグランコーナーもあります。この室内ドッグランは、広々していて中型犬のみちおでもノビノビ楽んだようでした。自然光が入る大きな窓があり、開放的です。

リードを放して広々と遊べるのがうれしそうなみちお
「ドッグ・ラバーズ・スイート at トーキョーベイ」は、シーサイドリゾートがコンセプトで、デザインは豪華客船で乗り付けたシーサイドリゾートの桟橋をイメージして作られたそうです
初めての場所で、いろいろな場所をクンクン嗅いで、探検していました

ワンちゃんがゆっくりくつろげる「ドッグフレンドリールーム」

「ドッグフレンドリールーム」でくつろぐみちお

 エチケットケアが終わったら、客室へ。チェックインロビーをはじめ、客室に行くエレベータや客室フロアにいたるまで、一般宿泊者とワンちゃん同伴宿泊者のスペースがしっかり分かれているので、どちらの宿泊者も安心して利用できます。

「ドッグ・ラバーズ・スイート at トーキョーベイ」のドッグフレンドリールーム専用エレベータ。一般の宿泊客と会わない工夫がされています
専用エレベータは、パークウイング1階と2階のみに止まります
客室以外のエレベータや廊下では、ワンちゃんはカートやキャリーに入れて移動します
本館にはワンちゃんは入れません。パークウイング側の連絡通路前には注意書きの看板が設置されています
本館2階から連絡通路を渡ると、すぐに一般宿泊者用のエレベータがあります。左側が一般宿泊者用のエレベータ、右側がドッグフレンドリールームです
パークウイング2階のすべての客室は、ワンちゃんが宿泊できるドッグフレンドリールームです

 部屋に入った第一印象は、ワンちゃん専用の客室ということですが犬特有のにおいはなく、通常の高級ホテルの印象です。スタッフの方にお話しをうかがったところ、通常の客室より念入りに清掃をして、においが残っているときはオゾン脱臭を施しているそうです。

 パークウイングの一般客室の床は絨毯ですが、ドッグフレンドリールームは、床材にワンちゃんが滑りにくく、汚しても掃除しやすいボロン材を採用しています。また、愛犬用アメニティのドッグベッド、ドッグマット、フードボウル、空気清浄機、トレイ&トイレシート、ダストボックスなどが用意されています。

 欧米ではワンちゃんと一緒に旅行するのは当たり前の文化で、ドッグフレンドリールームの愛犬用アメニティは欧米のシェラトンにもとからあるものを導入したそうです。ドッグベッドとドッグマットはシェラトンブランドだそうです。

客室の壁はヤシの木のオブジェで、リゾート気分が一層盛り上がります
ドッグフレンドリールーム内は、ワンちゃんはフリーで過ごすことができます
床は塩ビを織物のように編み、畳のような質感のボロン材を採用
人間のトイレの前にワンちゃん用のトイレ&トレイシート、ダストボックスが用意されています
予備のトイレシートと消臭スプレー
シェラトンブランドのドッグマットと、えさ入れと水入れ
足などが拭けるエチケットクリーンシートと、排泄物用のエチケット袋は持ち帰ることができます
シェラトンブランドのドッグベッドと空気清浄機
シェラトンブランドのドッグベッドを気に入ったみちお

 みちおはお気に入りのクッションがあれば、どこでも泊まれる子です。今回いちばん驚いたのは、そのお気に入りのクッションではなく、シェラトンブランドのドッグベッドの方が気に入ったということ(笑)。宿泊中はほぼドッグベッドの上で過ごしていました。

知らない場所にくると緊張してウロウロするのに、ドッグベッドのおかげですぐにトローンと気持ちよさそうにリラックスしていました
フカフカで気持ちよく、息子もドッグベッドに乗りたがっていました
夜もドッグベッドでグッスリ熟睡。飼い主と同じ部屋なので安心して眠れるのかな?

ワンちゃんと一緒に食事ができる朝食ルームサービス

朝食ルームサービスによる朝食風景

 ドッグフレンドリールームに朝食付きプランで泊まると、朝食をルームサービスに変更することができ、ワンちゃんと一緒に食べることができます。深夜0時までにドアにその旨を記したカードをかけておくと、変更してもらえます。

ドッグフレンドリールームは、朝食をルームサービスに変更することができます。食事の時刻や飲み物、パンや卵料理などの種類など、細かく指定できます
食事を運んできたカートがそのまま食事台になります。部屋のイスを付けて、食事をします。ワンちゃんの近くで朝食が取れます
台の下にある温蔵庫。料理やパン、ホットドリンクが入っています
ワンちゃんと一緒に食事が取れるのはうれしかったです。みちおもリラックスしていました
オムレツと焼きトマト、ベーコン、ポテト、キノコ
トースターが用意され、焼きたてのトーストが食べられます

特別な日だから食べさせてあげたいワンちゃんメニュー

ドッグ・ラバーズ・スイート at トーキョーベイには、ワンちゃん用の食事やバースデーケーキなど、ルームサービスも用意されています

 このワンちゃん用のルームサービスは、人間が食べる通常のルームサービスと同じ厨房、同じシェフが注文を受けてから作ってくれます(なんて、豪華!)。厳選した食材を味付けしていないだけなので、人間が食べても大丈夫。

 試しに一口食べてみました(笑)味が付いていなくても食材の味がしっかりしているので、普通に美味しかったです! 少なくとも、私が作る息子の離乳食より美味しかったです。

 メニューは食事が6種、スイーツが3種の合計9種類。食べられるお皿に盛られて、届けられます。注文してから調理するので、約30~40分かかります。ルームサービスは24時間注文できますが、人間の朝食と一緒に食べるときは、前日に注文しておくとよいでしょう。

サーモン、カッテージチーズとクスクスのサラダ(800円)
チキンとブロッコリーのトマトリゾット(800円)
サーモン、わかめと小松菜の全粒粉ペンネパスタ(800円)
サーモンソテー コーンミールポレンタとスチームベジタブル(1400円)
チキングリル コーンミールポレンタとスチームベジタブル(1400円)
チキンハンバーガー ベークドポテト(1400円)
バースデーケーキ(1400円)
パンプキンマフィン(500円)
ロールケーキ(500円)

 この中から実際にいくつかみちおに食べてもらいました。

「1人デ コンナニ 食ベテモ イイノ?」。普段食べられないごちそうに、食べてよいか確認しはじめました
「マテ」をしてから食べさせます。食べる前からソワソワ。「早ク 食ベタイヨ~」と、目で訴える、みちお
チキンステーキをペロリ♪ とお肉の部分だけを完食しました。ちゃんと、野菜も食べなさい……
お腹がいっぱいで大満足のみちお。シェラトンのオリジナルベッドでスヤスヤ。食べてすぐ寝たら牛になるよ~

 みちおは1泊の滞在でシェラトンの居心地のよさに、身も心もメロメロになり、ドッグフレンドリールームを自分のテリトリーと認識したようです。チェックアウトをするとき、なかなか部屋から出ようとしないでちょっと困りました(笑)。

 ワンちゃんと一緒だとなかなかラグジュアリーなホテルには泊まれないので、「ドッグ・ラバーズ・スイート at トーキョーベイ」での宿泊はとてもよい経験でした。愛犬家のみなさま、ワンちゃんと素敵な思い出が作れるのでお勧めですよ。

お問合せ

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
ドッグ・ラバーズ・スイート at トーキョーベイ係
TEL:047-355-5555(代表)

協力:シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル

加藤マキ子(ツナ☆カメラ)

1981年生まれ。写真編集者。カメラ書籍を手掛ける編集プロダクションで女性向けのカメラ雑誌や書籍を多数手掛ける。その後、実用書系編集プロダクションを経て、2013年に独立。『光と色の写真の教科書 ~ふんわりフォトもこっくりフォトも思いのまま~』『まりこ先生が教える やさしい写真の教室』などの企画・編集を担当。ときに、撮影や執筆も手掛けることも。仕事が好きで、マグロのように止まらず常に全力疾走中! みちおブログを気ままに更新しています。「ツナ家のみちおくん。