ニュース

JR各社、2016年度の「青春18きっぷ」で「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を設定

2300円で奥津軽いまべつ駅〜木古内駅〜五稜郭駅を片道乗車可能

2016年1月5日 発表

 JR各社は1月5日、2016年度の「青春18きっぷ」の発売に関して発表した。例年通り春期、夏期、冬期と発売する。価格は1万1850円。発売期間と利用期間は以下を参照いただきたい。

 なお、3月26日の北海道新幹線 新青森駅〜新函館北斗駅間の開業に伴い、青函トンネルを通る定期旅客列車は新幹線のみとなるため、青春18きっぷの利用者が青函トンネルを通過するための「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」が発売される。価格は片道1回2300円。本券を購入することで、北海道新幹線 奥津軽いまべつ駅〜木古内駅と道南いさりび鉄道 木古内駅〜五稜郭駅間の片道を乗車できる。

春期 発売・利用期間

発売期間:2月20日〜3月31日
利用期間:3月1日〜4月10日

夏期 発売・利用期間

発売期間:7月1日〜8月31日
利用期間:7月20日〜9月10日

冬期 発売・利用期間

発売期間:12月1日〜12月31日
利用期間:12月10日〜2017年1月10日

 なお、3月22日〜25日に実施する津軽海峡線(中小国駅〜木古内駅)間の新幹線切り替え工事に伴う運休期間に関しては、すべての旅客列車が運休になるが、代行輸送は行なわれない。また。該当区間の運休に伴う払い戻しや延長も行なわれない。

「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」

・発売と利用期間
発売期間は上記の青春18きっぷと同じ。利用期間は3月26日以降の青春18きっぷ利用期間と同一となる。

・価格
2300円(おとな・こども同額)。

・発売個所
全国のJRの主な駅、JRの旅行センターおよび主な旅行会社。

・利用方法
青春18きっぷの携行が必要。1人片道1回のみ。有効期間は乗車日当日のみ。

・利用区間
北海道新幹線 奥津軽いまべつ駅〜木古内駅間の普通車の空いている席、道南いさりび鉄道 木古内駅〜五稜郭駅間の普通列車を1枚につき片道1回のみ利用可能。北海道新幹線 奥津軽いまべつ駅と在来線の接続駅は津軽線津軽二股駅。北海道新幹線と道南いさりび鉄道の行程が連続していることが必要となる。

・乗り越し・途中下車
木古内駅と五稜郭駅以外の道南いさりび鉄道の各駅で下車した場合は、道南いさりび鉄道の乗車全区間の運賃が別に必要。北海道新幹線 奥津軽いまべつ駅〜木古内駅間以外の区間にまたがって新幹線に乗車する場合には、新幹線乗車全区間の運賃および料金が別に必要。同一列車での乗車のほか、別の列車へ改札内で乗り継ぎすることによって区間をまたがって乗車する場合も、新幹線乗車全区間の運賃および料金が必要となる。

・払い戻し等
未使用かつ有効期間内に限り行なえる(手数料が必要)。また、各種の割引の併用は行なえない。

「フルムーン夫婦グリーンパス」「ジャパン・レール・パス」「ジパング倶楽部」「レール&レンタカーきっぷ」

「フルムーン夫婦グリーンパス」「ジャパン・レール・パス」「ジパング倶楽部」に関しては、北海道新幹線区間での利用や割引が適用になる。また、「レール&レンタカーきっぷ」は、北海道新幹線の開業区間の乗車券類に対して割引が適用になる。

「北海道&東日本パス」

 JR北海道とJR東日本の普通車自由席が7日間乗り放題となる「北海道&東日本パス」は、北海道新幹線の開業後は1万290円から1万850円に値上げとなるが、新青森駅〜新函館北斗駅間内の相互発着の場合に限り、新幹線の特急券を購入することで、北海道新幹線 普通車の空いている席を利用できる。

(編集部:柴田 進)