ニュース

成田空港、メガホン型の多言語翻訳機「メガホンヤク」を試験配備

2015年11月12日 発表

2015年12月〜2016年3月 実施

 成田国際空港は11月12日、パナソニックが研究開発を進めているメガホン型の多言語翻訳機「メガホンヤク」を試験配備することを発表した。緊急時の案内に備えるもので、同機の試験配備は世界初。検証期間は2015年12月〜2016年3月。

 メガホンヤクはパナソニックが開発する多言語翻訳ソリューションの1つで、日本語で話した内容を英語、中国語、韓国語に翻訳し、大音量へ拡声して自動的に繰り返し流せる装置。災害などの緊急時にターミナル利用者に向けて広く周知を行なうといった活用を想定している。

 成田空港では、メガホンヤクの開発にあたって実用性を高めるための開発支援をしており、実用性を検証したあとに本格的な導入を行なうとしている。

 また、成田空港が提供しているスマホ向け多言語音声翻訳アプリ「NariTra(ナリトラ)」の翻訳システムと連携した検証試験も予定しているという。

(編集部:多和田新也)