ニュース

航空各社、7月23日開催の「千歳基地航空祭」に関する運航便への影響を発表

航空祭では“ジャンボ”の政府専用機見学ツアー&飛行展示実施

2017年7月23日9時~15時 開催

“ジャンボ”の政府専用機と航空自衛隊のアクロバットチーム「ブルーインパルス」

 航空自衛隊千歳基地において、7月23日9時~15時に「平成29年度 千歳基地航空祭」が開催される。この航空祭は北海道で開催されるイベントのなかでも大規模なものとして知られており、航空祭当日には周辺で大規模な渋滞などが発生する可能性がある。

 また、航空祭当日の飛行や航空祭前の訓練飛行のため、新千歳空港を離発着する便において遅延などが発生する可能性があるため、航空各社は注意を呼びかけている。遅延が予想されている日時は以下のとおり。

事前訓練の影響日時および訓練予備日

・7月4日(火)10時15分~10時30分およびその前後の時間帯
※予備日:7月5日(水)~7日(金)同時間帯のいずれか1回実施

・7月10日(月)10時15分~10時30分およびその前後の時間帯
※予備日:7月11日(火)~14日(金)同時間帯のいずれか1回実施

・7月18日(火)10時15分~10時30分およびその前後の時間帯
※予備日:7月19日(水)~20日(木)同時間帯のいずれか1回実施

・7月21日(金)14時~14時20分およびその前後の時間帯

・7月22日(土)
11時15分~11時35分(7月21日の予備日)
13時40分~14時20分およびその前後の時間帯

航空祭当日

・7月23日(日)
10時15分~10時30分およびその前後の時間帯
11時15分~11時30分およびその前後の時間帯
13時40分~14時20分およびその前後の時間帯

 これらに伴う航空券の変更・払い戻しについては、各航空会社とも規程によるとしており、詳細は各航空会社のWebサイトを参照のこと。

 千歳基地航空祭では、航空自衛隊のアクロバットチーム「ブルーインパルス」の展示飛行が行なわれるほか、ボーイング 747-400型機を使用した政府専用機の展示飛行に加え、先着300名限定で機外からの政府専用機見学ツアーも予定されている。

政府専用機の展示飛行
ブルーインパルスのアクロバット飛行
F-15の機動飛行
F-16の曲技飛行
ブルーインパルスのアクロバット飛行は13時40分ウォークダウン開始予定

 すでに基地内の駐車券の配布は終了しており、JR南千歳駅近くの臨時バス停からのシャトルバス利用を呼びかけ。駐車券不要の駐車場としては、キリンビール千歳工場の臨時駐車場が案内され、そこからシャトルバスが運行される。